01 レガシィとの出会いが、
税理士を目指す決め手に

私は昔から「数字が好き」というタイプで、学生時代には日商簿記も取得しました。そうした中で「将来は税理士・会計士を目指してみたい」という漠然とした希望を抱いていたものの、「自分にはハードルが高いのではないか」とどこか腰が引けてしまう面もありました。

そんな私の背中を押してくれたのが、レガシィとの出会いでした。プロフェッショナルの道を諦めきれなかった私は、いくつかの税理士法人の就職説明会に参加。その多くが、「決算業務を中心に幅広い税目に対応」といった事業紹介を行う中、レガシィは「相続対策に専門特化」と明らかに特色が違い、がぜん興味が湧きました。

一分野に専門特化していれば、未経験の私でも成長しやすいかもしれない。特に相続という分野ならば、経営者や資産家の方と接する機会にも恵まれるだろうし、それもスキルアップにつながるはずだと考えました。さらに、当時の私は税理士試験も未受験だったのですが、面接の際にとてもフランクな雰囲気の中で、「イチからの成長環境を整えているから安心してほしい」と後押ししていただけた。これも入社を決めるポイントになりましたね。

02 実務と勉強を両立できる環境で、
1歩ずつステップアップ

まったくの未経験で入社した私は、まずアシスタントとして土地評価のサポート業務などを担当し、基礎知識を習得することからスタートしました。さらに基本的に毎日定時の17時30分で上がり、資格取得の予備校に通う日々を送っていました。

そうしたサポート体制のおかげで、無事に2科目合格することができ、4年目の今年は実際に資産税業務を行う「資産税コンサルティング部」に異動。ここでは10名ほどで業務分担しながら案件を進めるチーム制を導入しています。業務の進め方はチームごとに異なりますが、私の配属チームでは、お客様対応やプランのご提案を行う「営業チーム」と、資産の評価・分析や申告書類の作成などを手掛ける「生産チーム」に分かれており、まだ経験の浅い私は後者を担当しています。

まだまだ先輩のバックアップを受けながらではありますが、この仕事の難しさであり、楽しさでもあると感じているのが、お客様それぞれに資産も家族構成も家庭事情も違うため、「最大限に節税できればいい」といった決まった正解がないこと。だからこそ、常にきめ細かな情報集を欠かさず、お客様にとってのベストアンサーを導き出せたときは大きなやりがいを感じますね。

03 DAILY RECORD
私の一日

図:私の一日

PROFILE

高校時代から簿記・会計の勉強を始め、大学は商学部に進学。就職活動を通してレガシィを知り、相続のプロを志すように。現在は先輩のサポートのもと、案件の副担当として実務経験を積みながら、3科目目の合格を目指して勉強にも励む日々を送っている。「いまは土日も勉強で手いっぱいですが、5科目合格できたら、ジム通いや釣りにもチャレンジしたいですね」