01 相続税は数字の先に
「ストーリー」がある

前職の会計事務所では、主に法人・個人の決算業務に携わっていました。お客様とは郵送と電話でやりとりする程度で、どこか物足りなさを感じていたのです。そんな時、相続税の勉強に取り組むようになって、その奥深さにすっかり魅了されてしまいました。

相続の場合、相続人が誰になるのかを特定する作業から始まります。加えてお客様の要望も保有資産も千差万別ですから、どんな結果が喜ばれるのかも毎回異なる。そのストーリー性と、お客様の顔が見える印象が、法人税などとは大きく性格が違うなと感じたのです。

この道を追求したい、相続のプロになれるのであれば激務でも構わない――。相続領域の国内ナンバーワン法人であるレガシィの門を叩くにあたって、私はそれほどの覚悟を持っていました。ただ、実際の職場は働き方改革が進んでおり、日々多くの相続案件に携われるうえに“定時帰りが基本”という環境で、「ここに入社できてよかった」と、それはもう嬉しかったですね。

02 お客様が心を開ける
税理士になること

現在は案件の主担当を任され、お客様のご相談対応や相続税の申告書作成、節税プランのご提案など幅広く手掛けています。お客様は一般的なサラリーマン家庭の方から経営者、地主の方までさまざまで、資産総額も数千万、数億円から時には20億、30億円といった大規模案件も珍しくありません。

例えば、これから相続をご検討される場合には、財産を生前贈与にすることで節税効果が期待できます。お客様の状況によっては、生命保険を活用する手もあります。しかし、資産家の方であればより節税効果を高めるために、個人事業主の法人化のご提案や遊休地の土地活用とった選択肢も出てくる。こうした場合には、単純に相続税だけ考えればいいわけではなく、所得税、法人税、消費税、さらには不動産関連の知識も問われますので、自ずとスキルの幅も広がっていきます。

何より、資産や相続のご相談は家族にも難しいセンシティブな内容ですから、お客様に信頼していただけなければ資産状況を適切に把握することも難しいです。お客様に徹底的に寄り沿い、本音で話せる関係性を育み、最終的に「木梨さんにお願いできて良かった」と喜んでいただけたときは、心から嬉しいです。

03 DAILY RECORD
私の一日

図:私の一日

PROFILE

SEとしてキャリアをスタートし、銀行のシステム開発に携わったことで簿記・会計に興味を持ち、税理士への転身を決意。その後、法人税メインの会計事務所で経験を積んだ後、レガシィに転職を果たす。入社後には結婚・出産にも恵まれた。「いまは家族と過ごすことが何よりのリフレッシュ方法。週末はもちろん、平日もできるだけ家族との時間を取るにしています」