MISSION 人々の財産を世代を超えて守り、
生活と心を豊かにする。

私たちは、資産税業務を通じて顧客の財産を次の世代へと引き継ぐお手伝いをしています。顧客の財産を守ることは、顧客のなかに「生活に対する安心感」と「心の余裕」を生むこととも言えます。業務を通じて、顧客に「豊かな生活を提供すること」が、私たち税理士法人レガシィの社会的な役割だと考えています。

VISION 「相続日本一」で培った
知恵とテクノロジーで
プラットフォームを作り、
50代・60代の人々と心が通う
ナンバーワングループとなる

2007年にスマートフォンが誕生してから、インターネットはより私たちの身近な存在となり、生活は大きく変化しました。日本においては2020年から5G(第5世代移動通信システム)の実用化が始まると言われています。5Gがもたらす通信速度の高速化、多接続化、低遅延化は、IoTの進化と相まって、あらゆるモノがインターネットに接続する時代を急激に加速させていくことでしょう。私たちはこうした世の中の変化に合わせて、積極的に「テクノロジー」を取り入れていくことが求められています。

一方で、変わらないものもあります。それは、私たちが資産税領域で長年培ってきた「専門家の知恵」です。資産税領域で日本一とも言われる実績と顧客基盤は、これからも私たちに大きな価値を提供してくれると信じています。

私たちは「テクノロジー」を活用した仮想的な顧客へのアプローチと、これまで培ってきたリアルな顧客とのつながりの両方を活かし、専門家の知恵を組み合わせることで、主たる顧客である50代、60代のお客様が「相続、贈与で悩んだら、まずレガシィに相談してみよう」と思っていただけるプラットフォームになることを目指します。

  事務所数 税理士数 職員数 合計
税理士法人レガシィ 1 32名 107名 139名
コア・ネットワーク※1 92 192名 800名 992名
ネットワーク※2 7,000      
合計 7,093 224名 907名 1,131名

※1 メインの業務委託提携先
※2 地域の業務委託提携先

VALUE 得意を特技に
感謝されるには選択肢を
人に誠意、自分に誠実
できない理由よりできる理由を探そう

Mission、Visionの達成を目指すにあたって、税理士法人レガシィには、大切にしている価値基準が4つあります。

得意を特技に

人には何かしら得意なことがあります。私たちは教育を通して、メンバー一人ひとりの得意を見つけ、業務という経験を積む場を提供することで、特技にまで昇華させていこうと考えています。良いところを見つけよう。そして、チャンスをたくさん与えよう、という社風はこうした価値観から生まれています。

感謝されるには選択肢を

私たちが向き合うお客様の多くは、大きな決断を迫られる状況にあり、不安を抱えていらっしゃいます。だからこそ私たちは、プロフェッショナルとしてあらゆる可能性(=選択肢)を提示し、お客様にご納得いただいた上で判断をいただく必要があります。私たちが長年、資産税領域で成長を続けてこられたのは、こうしたお客様一人ひとりからいただく感謝の積み重ねがあったからこそだと考えています。

人に誠意、自分に誠実

人に対して、真心のこもった「誠意のある対応」をすること。そして、プロフェッショナルとして責任感と強い意志をもって業務を完遂する、という自分自身に対する「誠実さ」を持つことを指しています。

できない理由よりできる理由をさがそう

仕事に取り組んでいれば、誰しも「経験がない」「時間がない」「実現が難しい」といった壁にぶつかることがあります。そんなとき、できない理由を挙げるよりも「どうやったらできるか」を考えよう、という考えがレガシィには息づいています。